finance core city PR

Finance Core Cityの3つのデメリットを紹介します!

Finance Core City(FCC)には多くのメリットがありますが、デメリットが1つも無いわけではありません。

この記事では、

  • Finance Core Cityの3つのデメリット
  • Finance Core Cityのデメリットへの対策
  • デメリットがあるのに入会を決めた理由

このような内容で、Finance Core Cityのデメリットについて解説します。

 

Finance Core Cityの3つのデメリット

Finance Core Cityのデメリットを3つあげるなら、

  1. 株式投資配信は無料体験中では結果が出にくい
  2. FX配信は配信回数が少ない
  3. スタンダードコースはテキスト教材だけなので初心者には分かりにくいかも

この3つが挙げられます。

これらのデメリットと、その対策を詳しく解説していきます。

 

株式投資配信は無料体験中では結果が出にくい

Finance Core Cityのデメリット1つ目は、株式投資配信は無料体験中では結果が出にくいことです。

Finance Core Cityの株式投資配信では、中長期的に株式を保有する前提で配信があります。

そのため、約2週間という期限がある無料体験中に、注文から利確まで出来るケースはかなり少ないです。

残念ながら、無料体験中にFinance Core Cityへの入会を判断しようと思っている人にとって、株式投資の配信結果は良い判断材料にはならない可能性が高いです。

補足として書いておきますが、株式投資は中長期的な目線での取引が基本なので、配信内容に不満は一切ありません。

 

過去の配信実績からFinance Core Cityへの入会判断をしよう

株式投資の配信結果から、Finance Core Cityへの入会を判断したい人は、過去の配信実績を見ることをオススメします。

私のブログでは、Finance Core Cityの株式投資配信の実績を紹介しているので、下の記事も併せてご覧ください。

≫ Finance Core Cityの株式投資スクールの配信実績を紹介します

 

Finance Core Cityへの入会を判断する理想的な流れ

  1. 株式投資配信の無料体験に参加する
  2. 期間中にどのような配信内容なのか把握する
  3. 株式投資配信の過去の実績を見る
  4. Finance Core Cityに入会するかどうか判断をする

個人的には、このような流れでFinance Core Cityへの入会判断をすることをオススメします。

株式投資配信の無料体験に参加したい方は、私の公式LINEに「無料体験」とご連絡ください。

 

 

 

FX配信は配信回数が少ない

Finance Core Cityのデメリット2つ目は、FX配信の配信回数が少ないことです。

Finance Core CityのFX配信は、配信回数より勝率を重視した配信となっています。

エントリーできる配信数が少ないのはデメリットになりますが、FX配信の勝率はかなり高くなっています。

 

FX配信は勝率が高いからあまり不満はない

Finance Core CityのFX配信は、かなり高い勝率を誇っています。

投資なので年に数回は負けが続くこともありますが、全ての配信実績から計算しても、80〜90%程度の勝率をキープし続けています。

FX配信の全配信実績を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

≫ Finance Core CityのFXスクールの配信実績を紹介します

 

私の考えとしては、「エントリー回数が多いけど勝率が低い配信」よりも「エントリー回数は少なくても勝率が高い配信」の方が良いと思っています。

私と同じように、エントリー回数より勝率を重視している人は、Finance Core Cityをオススメできます。

FX配信では勝率よりもエントリー回数を重視したい!という方は、Finance Core Cityはオススメできません。

 

トレードLIVEや裁量取引でトレード回数は増やせる

FX配信のエントリー回数が少ないのはデメリットですが、

  • 一緒にエントリーできるトレードLIVE
  • FXスクールで学んだ知識で裁量取引
  • 相場解説での情報を元に裁量取引

これらの方法でトレード回数を増やすことは可能です。

 

そもそもFinance Core CityのFXスクールでは、配信で稼ぐというよりはスクールで学んだ知識を元に稼げるようになろうというコンセプトとなっています。

もちろん最初はトレーダーの手助けが必要になりますが、

  1. FXスクールで勉強する
  2. FX配信やトレードLIVEで勝ち方を覚える
  3. 相場解説を元に裁量取引をする
  4. 学んだ知識で相場を分析して裁量取引をする

このように綺麗にステップアップすることが可能なスクールになっています。

FX配信意外にもエントリーの参考になるコンテンツも多いので、FX配信回数が少ないことは大きなデメリットにはならないでしょう。

 

スタンダードコースは動画教材が無いので初心者には分かりにくいかも

コンテンツ スタンダード
コース
アドバンス
コース
プレミアム
コース
ロイヤル
コース
FX学習
コンテンツ
専用
サポート
Discord
配信
PDF
テキスト
本日の
話題株
週末
ウェビナー

(過去動画)
動画
コンテンツ
プレミアム
勉強会

(過去動画)

(過去動画)
トレーダー
チャット
ロイヤル
勉強会

 

Finance Core Cityのデメリット3つ目は、スタンダードコースは動画教材が無いので初心者には難しいかもしれないことです。

Finance Core Cityには、上表の4つのコースがありますが、1番下のスタンダードコースは学習教材が少なくなります。

週末ウェビナーとプレミアム勉強会の過去動画なら見ることが出来ますが、株式投資の動画コンテンツは見ることが出来ません。

株式投資初心者の中には、動画教材が無いことで分かりにくく感じる方もいるかもしれません。

ただし、スタンダードコースでも配信が受けられることや、FX教材を含めた教材の内容から見ても入会金以上の価値はあると思います。

 

動画コンテンツを見たいならアドバンスコース以上に入会しよう

株式投資のテキスト教材だけでは不安という方は、動画コンテンツが利用できるアドバンスコース以上のコースに入会することをオススメします。

そうは言っても「最初は1番下のスタンダードコースから勉強したい」という方もいるでしょう。

 

そんな方は、

  1. まずはスタンダードコースに入会する
  2. 動画教材を見たい場合はアドバンスコース以上にアップグレードする

このように、コースのアップグレードをすることをオススメします。

≫ Finance Core Cityのスクール変更とコースのグレードアップ

 

Finance Core Cityでは、入会金の差額分のみでコースのアップグレードが可能です。

最初からアドバンスコースに入会しても、スタンダードコースからアドバンスコースにアップグレードしても、最終的に支払う入会金は同じです。

後からアップグレードを損をすることは無いので、スタンダードコースから入会しても問題は無いと思います。

 

まとめ

この記事では、Finance Core Cityのデメリットを3つ挙げてみました。

  1. 株式投資配信は無料体験中では結果が出にくい
  2. FX配信は配信回数が少ない
  3. スタンダードコースはテキスト教材だけなので初心者には分かりにくいかも

この3つのデメリットは、スクールの入会を辞めるほど影響のあるデメリットではないと思います。

私は、これらのデメリットがあってもFinance Core Cityは良い投資スクールだと感じていますし、実際に入会して良かったと思っています。

Finance Core Cityへの入会を検討している人は、これらのデメリットを考慮した上で慎重に判断してもらえればと思います。

 

この記事を見て、Finance Core Cityに入会したいと思った人は、私の公式LINEに「入会希望」とご連絡ください。

 


 

FCC関連記事